Archive

クルーザー

5月
27
初日、B1クラスでトップに立った日本代表の「makamaka」チーム(photo by J-SAILING)

初日、B1クラスでトップに立った日本代表の「makamaka」チーム(photo by J-SAILING)

 

「2013 IFDSブラインドセーリング世界選手権」が、神奈川県三浦市のシーボニアマリーナをベースに始まりました。

B1クラスは日本Aの「makamaka」(ブラインドヘルム:川添由紀)、B2ではイギリスチーム、B3クラスではニュージーランドチームが1日目のトップに立ちました。レースは着順がそのままポイントになり、その合計が最終順位になります。大会は6月1日(土)まで行われます。

以下は、大会広報から発信されたレースレポートです。

5月26日、午前9時30分、初夏の陽気に恵まれ、19チームは続々とシーボニアマリーナを出港。
コースは、風上と風下に設置された二つのブイを2周する約30分のコース。各国の代表チームの初の手合わせとなる第1レースは、10時46分にB1クラスからB2、B3の順で5分ごとにスタートしました。

気温が上がるにしたがって南寄りの海風が強まるなか、日ごろの練習の成果を発揮すべく、各艇は快走を続けます。午後からは風速が8m/sまでに上がり、体力、体重に優る外国人チームが上り角度、スピードともに伸ばしていきます。

海外チームの追い上げの中、B1の日本代表の「makamaka」はスタートから安定したセーリングを保ち、潮流や風のシフトを熟知した地元での開催という地の利も生かして、4レースを1-1-2-5位でまとめ、初日を見事トップで終えました。

5月27日(月)は10時30分に第5レースを皮切りに3レース以上を予定、さらなる接戦が予想されます。
(*IFDS=The International Association for Disabled Sailing)

大会サイト
http://2013blindworldsyc.com/cn37/pg255.html

初日のスタート

初日のスタート

 

会場となったシーボニアに掲げられた大会バナー

会場となったシーボニアに掲げられた大会バナー

5月
10
ブラインド世界選手権に参加する日本チームの選手たち

ブラインド世界選手権に参加する日本チームの選手たち

 

視覚障害者と晴眼者のセーラーが集う「2013IFDSブラインドセーリング世界選手権大会」が、5月24日~6月1日、シーボニアマリーナ(神奈川県三浦市)を拠点に、日本で初めて開催されます。

5月9日に東京で記者会見が開催され、大会の概要などが発表されました。
会見では大会役員の挨拶などに加えて日本チーム監督の秋山淳氏による日本チームのプロフィール等が紹介されました。

ブラインドセーリングは、ニュージーランドのセーラーによって1980年代後半に始まり、第1回の世界選手権大会が1992年ニュージーランドで開催、その後3、4年ごとに行われています。日本は、1997年のイギリス大会以降、毎回参加しており、今回は第8回大会となります。

日本からは、昨年の全日本ブラインドセーリング選手権大会の上位3チームが出場権を獲得。加えて日本視覚障害者セーリング協会承認の3チームが追加となり、計6チームが参加します。

一方、海外からはアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスから合計13チームのエントリーがあり、総勢で6カ国19チームの大会となります。

なお、現在、本大会の実行委員会では、レースの運営費を捻出するために寄付を募っています。

個人の寄付は1万円から受け付けています。寄付をされた方には、大会Tシャツとステッカーが提供され、名前が硬式プログラムに掲載されます。企業・団体の場合は、一口5万円です。

寄付の方法などの詳細は下記をご覧ください。
http://www.jbsa.jp/archives/954

2013 IFDSブラインドセーリング世界選手権 公式サイト
http://2013blindworldsyc.com/

認定NPO法人 日本視覚障害者セーリング協会
http://www.jbsa.jp/

シ-ボニアヨットクラブ
http://www.seabornia.org/

 

3月
25
EVERYTHING EVERYTHINGチームのメンバー

Qトンカップを囲むEVERYTHING EVERYTHINGのメンバー

1978年、10カ国48艇が参加して開催されたクォータートン世界選手権大会の記憶を後世に残すために制作された「Q-Ton World 記念カップ」の第3回(2012年)受賞艇にJSAF外洋湘南所属・葉山マリーナヨットクラブ「EVERYTHING EVERYTHING」(エブリシング エブリシング)が選出されました。

3月23日、同大会の運営委員長をつとめた石原裕次郎氏ゆかりの葉山町森戸にてカップ授与式が行われました。

このカップは大会30周年を記念して開かれた「記念祭り」の余剰金と祭り実行委員会有志の寄付によって制作され、併せて同カップ贈呈委員会(委員長:山﨑達光〔当時:大会レース委員長・現:日本セーリング連盟名誉会長〕)が発足、本年も所定の贈呈規定に基づき第3回受賞艇が選出されるに至りました。

カップ贈呈規定には「スタートもしくはフィニッシュが相模湾の外洋レースにおいて“当該年度に最も勇敢で優秀な成績を収めたJSAF登録艇(あるいはオーナー)”の中から贈呈委員会が選考して贈呈される」と記されています。

「受賞コメント」

葉山マリーナヨットクラブ、葉山マリーナ、リドガードセイルの吉川社長、糸賀さんなど普段艇の維持にお世話になっているみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。艇は面倒をみていただくプロの方々がいないと楽しめないと思います。

20年以上前、艇の上で田中良三さんや吉川誠一さんといったセーリングの大先輩たちから、1978年のQトンワールドの話はよく聞いていました。とんでもないレースをやったと、その話を憧れのように聞いていたのが、現オーナーの安田大助や森田武志です。

その後、ご縁があり相模湾に艇を浮かべることができました。あこがれの大島、神子元島、三宅島を舞台にレースができることだけでわくわくしていたのです。

大変な逸話のある本カップを今回受賞させて頂いたことは、われわれにとって大変な、まさに望外の喜びとなりました。これからも本カップ受賞の喜びを糧に苦しい楽しいセーリングを継続していきたいと思います。ありがとうございました。(岩村康次)

相模湾を走るEVERYTHING EVERYTHING

相模湾を走るEVERYTHING EVERYTHING

3月
21
昨年の全日本選手権でワールド参加を決めた3チーム(写真/大平玲子)

昨年の全日本でワールド参加を決めた3チーム(写真/大平玲子)

 

視覚障害者と晴眼者のセーラーが集う「2013 IFDSブラインドセーリング世界選手権」(主催:シーボニアヨットクラブ)が、5月24日~6月1日、シーボニアマリーナ(神奈川県三浦市)を拠点に、日本で初めて開催されます。

2月末の情報では、 6カ国19チームがエントリーをしています。その顔触れは下記のとおり。

●アメリカ
・マサチューセッツ(B1、B3)
・テキサス(B3)
●カナダ (B1、B2、B3)
●ニュージーランド(B1、B2、B3)
●イギリス (B1、B2、B3)
●オーストラリア(B1)
●日本 (B1、B2、B3   各2チーム)
(B1(全盲)、B2(光覚手動)、B3(弱視))

日本からは昨年の全日本選手権の各クラス優勝の3チーム(makamaka、kiki、Pineapple Princess)に加えて主催国枠の3チーム(うみまる、アルバトロス、エオリア)の6チームが参加します。

なお、現在、本大会の実行委員会では、レースの運営費を捻出するために寄付を募っています。

個人の寄付は1万円から受け付けています。寄付をされた方には、大会Tシャツとステッカーが提供され、名前が硬式プログラムに掲載されます。企業・団体の場合は、一口5万円です。

寄付の方法などの詳細は下記をご覧ください。
http://www.jbsa.jp/archives/954

 

昨年の全本選手権の1シーン(写真/大平玲子)

昨年の全本選手権の1シーン(写真/大平玲子)

切り抜き IFDS-MARK_Last_2_HQ_ol

大会サイト
http://2013blindworldsyc.com/

認定NPO法人 日本視覚障害者セーリング協会
http://www.jbsa.jp/

シ-ボニアヨットクラブ
http://www.seabornia.org/

8月
20
「オルケスタ・デ・ラ・ルス」の演奏に乱入し、一緒に演奏を始めたタモリさん

「オルケスタ・デ・ラ・ルス」の演奏に乱入し、一緒に演奏を始めたタモリさん

 

第4回目の開催となったタモリカップ2012は、8月19日、81艇の参加を得て静岡県沼津市内浦湾で開催されました。

「海を愛するタモリの日本一楽しいヨットレース」という惹句の本レース、今年のテーマは『ヨットとサルサの大カーニバル』。

「西の阿波踊りレース」に対し「東のタモリカップ」と言われるほど、名実ともに日本を代表する真夏のヨットレースへと成長した今年の本レースには、史上最強のサルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」が表彰パーティにゲストで登場、会場を大いに盛り上げてくれました。

本ブログでは楽しい雰囲気の写真をほんの数点掲載しますが、もっと楽しい雰囲気は下記のfacebookでご覧ください。(レポート/松坂嘉子・スーパー茶々丸)

http://www.facebook.com/TAMORICUP

 
 
50ftから18ftの81艇が同時にスタート。夏の駿河湾にヨットの白い帆がこんなにたくさん集まるのは「タモリカップ」ならではの光景となりました

50ftから18ftの81艇が同時にスタート。夏の駿河湾にヨットの白い帆がこんなにたくさん集まるのは「タモリカップ」ならではの光景となりました

 
お祭りレースの「タモリカップ」での優勝は逃したものの、「パフォーマンス賞」を勝ち取ったのは、なんとスパーレース艇「カラス」でした

お祭りレースの「タモリカップ」での優勝は逃したものの、「パフォーマンス賞」を勝ち取ったのは、なんとスパーレース艇「カラス」でした

 
今年のタモリカップのテーマである「ヨットとサルサの大カーニバル」の通り、表彰パーティには史上最強のサルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」がゲストで登場し、サルサで会場を大いに盛り上げてくれました

今年のタモリカップのテーマである「ヨットとサルサの大カーニバル」の通り、表彰パーティには史上最強のサルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」がゲストで登場し、サルサで会場を大いに盛り上げてくれました

 
総合優勝は清水から参戦した「Susano-O(スサノオー)」さんでした!

総合優勝は清水から参戦した「Susano-O(スサノオー)」さんでした!

 
 

8月
10
レースの後、島の方々と一緒に盛り上がる交流会を開催

レースの後、島の方々と一緒に盛り上がる交流会を開催

8月4日~5日にトウキョウズカップ2012ヨットフェスティバル(東京都・大島)でが開催されました。

この大会は今年で21回目を数え、波浮港の風物詩となるヨットレースです。

コースはA(小網代沖→波浮)、B(岡田港→波浮)、C(三宅→波浮)と3コースが用意され、各艇は好きなコースを選びレースに参加します。各艇それぞれの場所からスタートし、波浮港防波堤にある灯台がフィニッシュとなっています。

レースを終えた艇は波浮の港で泳いだりデッキで宴会を始めたり、各々レースの疲れを癒す時間も楽しんでいます。夕方からは島の方々と一緒に盛り上がる交流会があります。婦人会の方々が用意してくださる料理やシッタカのやアシタバやクサヤはとても美味しく、島の焼酎を片手にレースの話をして楽しい1日を過ごします。

今年はAコースとBコースの2つでしたが、両クラスともとても良い風が吹いて順調なレースが展開され、参加された各艇の方々は「今年はとっても面白かったと」口々に話されていました。(レポート/三浦多満枝)

大会サイト
http://yacht.main.jp/tcup/

Bコースの様子

Bコースの様子

島の子どもたちに体験乗船を楽しんでもらっています

島の子どもたちに体験乗船を楽しんでもらっています

11月
04

優勝候補の一角と目されるチームプーマ(photo by Dan Armstrong)

 

VOLVO OCEAN RACE ROUND THE WORLD 2011-2012が11月5日にスタートします。

世界一周レースは1973年に第一回が始まりました。
ビール会社ウイットブレッドがスポンサーとなり「ウイットブレッド世界一周レース」と呼ばれ97-98年大会まで行われ、2001-02年からVOLVOがスポンサーとなって続いています。
1993-94年のレースには日本人3人がそれぞれ異なった船に乗って本レースに参加し、大いに注目されました。

今回のレースに参加するのは以下の6艇です。

チームアブダビ(Abu Dhabi Ocean Racing、UAE) スキッパー/イアン・ウォーカー
チームニュージーランド(CAMPER with Emirates Team New Zealand、ESP/NZL) スキッパー/クリス・ニコルソン
チームグルパマ(Groupama sailing team、FRA) スキッパー/フランク・カマ
チームプーマ(PUMA Ocean Racing powered by BERG、USA)スキッパー/ケン・リード
チーム三亜(Team Sanya、CHN) スッキパー/マイク・サンダーソン
チームテレフォニカ(Team Telefonica、ESP)スッキパー/イッケル・マルチネス

コースは以下のとおり。

第1レグ(6500マイル)スペイン(アリカンテ)→南アフリカ(ケープタウン)
第2レグ(5430マイル)南アフリカ(ケープタウン)→UAE(アブダビ)
第3レグ(4600マイル)UAE(アブダビ)→中国(三亜)
第4レグ(5220マイル)中国(三亜)→ニュージーランド(オークランド)
第5レグ(6705マイル)ニュージーランド(オークランド)→ブラジル(イタジャイ)
第6レグ(4800マイル)ブラジル(イタジャイ)→アメリカ(マイアミ)
第7レグ(3590マイル)アメリカ(マイアミ)→ポルトガル(リスボン)
第8レグ(1940マイル)ポルトガル(リスボン)→フランス(ロリアン)
第9レグ( 485マイル)フランス(ロリアン)→アイルランド(ゴールウェイ)

 

11月5日のスタートの様子は公式サイトでライブ放映される予定です。
http://www.volvooceanrace.com/en/home.html

スタート1週間前に行われたプロアマレースを走る参加艇 (photo by IAN ROMAN/Volvo Ocean Race)

 

9月
19

Photo by Rolex / Kurt Arrigo

9月17日まで米国RI州ニューポートで行なわれたいたインビテーショナルカップ(ニューヨークヨットクラブ主催)で、JSAFチームは6位となった。

16カ国・地域から22チームが参加して行なわれた同レースは、主催者が海外チームを招待し、それを迎える米国勢は国内予選で選抜し行なわれた。

優勝はカナダから参加したロイヤルカナディアン・ヨットクラブチーム。日本のJSAFチームは植松眞JSAF副会長がスキッパーとなり、大倉俊ヘルムスマンの下に総勢11人で参加した。

大会サイト
http://www.invitationalcup.org/

9月
18

接岸直後の斉藤実さん

9月17日、世界一周の旅から斉藤実さんが帰ってきました。

当初の予定(10カ月)を大きく上回る36カ月の長い旅の最後を見守ろうと、横浜港には報道陣や応援の仲間、家族等が集まり、多くの人に見守られながら無事上陸。

今回、斉藤さんは「ヨットシングルハンドによる世界一周最多記録 8回」、「ヨットによる地球の自転に反する西回り世界一周 世界最高年齢記録」とに2つのワールドレコードを樹立。

すでに持っている「単独無寄港で世界一周した世界最高齢人物」とあわせると3つの世界記録保持者となりました。

上陸直後に行われた記者会見では横浜市から表彰され、市長代理から楯が送られました。

しかし、今回の航海は今までの中で一番過酷な航海だったらしく、「こんな大変なのは今まで初めて」と斉藤さん。

しかし斉藤さん、すでに次なるチャレンジを計画中で、77歳にしてまだまだ現役続行を宣言。「次は80歳に出港したい、常にチャレンジ有るのみ」と強く語りました。(レポートと写真/濱谷幸江)

斉藤さんと酒呑童子

 

 

9月
15

JSAFチーム(Photo by Dan Nerney、nerney1@cox.net)

16カ国・地域から22チームが参加するインビテーショナルカップ(ニューヨークヨットクラブ=NYYC主催)で日本のJSAFチームは6レースを終えた時点で暫定5位につけています。

JSAFチームは植松眞JSAF副会長がスキッパーとなり、大倉俊ヘルムスマンの下に総勢11人で参加。スワン42(主催者提供)を駆って、連日、熱戦を繰り広げています。

レースは9月17日まで行われます。

大会サイト
http://www.invitationalcup.org/