Archive

レース情報

8月
08
第3回東京湾インショア・レガッタのお知らせ

来る2013年10月13日(日)、14日(祝月)の2日間。

東京湾 浦安マリーナを中心としてIRCハンディキャップによる
第3回東京湾インショア・レガッタが開催されます。

皆様のご参加をお待ち致しております。

宜しくお願い申しあげます。

レースの要項

~~~~~~~~~~~~~~~~

第3回東京湾インショア・レガッタ実行委員会 斎藤晴彦

8月
06

トウキョウズカップ2013 ヨットフェスティバル リザルト
   

Aコース  スタート時刻7:10:00 2013年 8月3日

Pos.着順艇名SailNo.艇種TMFFinishTimeE_TimeC_Time
13アンディアーモ3714j/v9.6r0.99915:02:442836428336
22Laetitia Deux6095First40.71.05915:00:472824729914
34AZUSA2221SEAM331.01115:24:382967830004
41コンステレーション6600IMX401.08014:55:452794530181
55GranArmadillo6352X35od1.04516:09:003234033795
DNFGOBLIN6407X3020.918
DNFIDEAL4400swing310.953
DNFふるたか131WAT360.965
DNFULALA6426YOKO300.974
DNFAZ3757Farr 310.975
DNFJaponeira1668j/v9.6cr0.980
DNFDUCK SPEED5932SEAM310.985
DNFNEPUTUNE XII1611X-340.995
DNFFelice6555BAV350.997
DNFAVANTI8First36.71.006
DNFARIADNE6011Seam331.010
DNF白翠1961First40.71.060
レース委員長:斎藤晴彦
 
 
 
Bコース  スタート時刻10:00:00 2013年 8月3日
Pos.着順艇名SailNo.艇種TMFFinishTimeE_TimeC_Time
12波勝1985YAM30SII0.93014:52:011752116295
23HobbyHawk5657Y30sn0.96614:56:131777317169
34DONNA6528FARR310.98114:53:451762517290
41Son of Bacchus6437A401.07514:42:341695418226
55マナ&ユカ5884FirstT40.7 SK1.05615:12:341875419804
DNF風神5114岡本310.912
DNFかのーぷす5579OCEANIS3210.926
DNFアデレード5911Y30s0.967
レース委員長:斎藤晴彦
 
   リザルト  
 
  

7月
22
TBC 2013 第5戦 第1レース、第2レースリザルト
Read more…

,

6月
24
TOKYO’S CUP YACHT FESTIVAL 2013
  トウキョウズカップホームページ
開催日
2013年8月3日(土)
レースコース
Aコース
トウキョウズ・カップ(距離:約37マイル)
三崎港沖周辺スタート、大島西側通過、大島波浮港沖フィニッシュ
Bコース
トウキョウアイランズ・カップ(距離:約13.5マイル)
岡田港沖スタート、大島西側通過、大島波浮港沖フィニッシュ
C コース
トウキョウ三宅島アイランズカップ(距離:約38.5マイル)
三宅島阿古港沖スタート、大島波浮港沖フィニッシュ
レース公示
トウキョウズカップ2013公示
申込期間
7月25日(木)17時まで
申込方法
FAXまたはWEB フォームにてファイル添付で申込
募集艇数
トウキョウズ・カップ参加艇並びに同時開催の大島ランデブ
ー参加艇全体で100艇
エントリー費
1) A コース :35Feet 以下1艇 40,000 円。 35Feet 以上 1 艇 45000 円
2) B コース :1艇 25,000 円
3)C コース :1 艇50,000 円
同時開催の大島ランデヴー;1 艇10,000 円
Aコース:
1)ファーストホーム賞
2)優勝 東京都知事杯(トウキョウズ・カップ)、2位、3位
3)参加艇の数によりクラス分けを行う場合がある。
Bコース:
1)ファーストホーム賞
2)優勝 大島町長杯(トウキョウアイランズ・カップ),2位,3位
3)参加艇の数によりクラス分けを行う場合がある。
Cコース:
1)ファーストホーム賞
2)優勝 三宅島村長杯(トウキョウ三宅島アイランズカップ)、2位、3位
3)参加艇の数によりクラス分けを行う場合がある。
Aコース、Bコース、Cコース共、参加艇が5艇未満の場合は1位のみ表彰、
10艇未満の場合は2位まで表彰する。
艇長会議 7月30日(火) 大井町きゅりあん
交流会 8月3日(土) 18時~20時 波浮港
トウキョウズカップおよび大島ランデヴー参加者
運営 第22回トウキョウズ・カップヨットフェスティバル2013実行委員会

, ,

6月
12
TBC 2013 第4戦 第1レース、第2レースリザルト
Read more…

,

5月
27
TBCレース9月第7戦の日程の変更のお知らせ

TBCレース関係各位

諸般の事情により9月開催のTBCレース第7戦の日程の変更をさせていただきます。

変更前  TBCレース 第7戦  9月22日(日)

              ↓
変更後  TBCレース 第7戦  9月15日(日)

レースシーズン途中の変更で申し訳ありません。

日程変更後のレース公示、帆走指示書を添付させていただきます。

宜しくお願い申し上げます。

斎藤晴彦

 
 TBCレース2013レース公示
 TBCレース2013レース帆走指示書
 
 
 

, , ,

5月
27
初日、B1クラスでトップに立った日本代表の「makamaka」チーム(photo by J-SAILING)

初日、B1クラスでトップに立った日本代表の「makamaka」チーム(photo by J-SAILING)

 

「2013 IFDSブラインドセーリング世界選手権」が、神奈川県三浦市のシーボニアマリーナをベースに始まりました。

B1クラスは日本Aの「makamaka」(ブラインドヘルム:川添由紀)、B2ではイギリスチーム、B3クラスではニュージーランドチームが1日目のトップに立ちました。レースは着順がそのままポイントになり、その合計が最終順位になります。大会は6月1日(土)まで行われます。

以下は、大会広報から発信されたレースレポートです。

5月26日、午前9時30分、初夏の陽気に恵まれ、19チームは続々とシーボニアマリーナを出港。
コースは、風上と風下に設置された二つのブイを2周する約30分のコース。各国の代表チームの初の手合わせとなる第1レースは、10時46分にB1クラスからB2、B3の順で5分ごとにスタートしました。

気温が上がるにしたがって南寄りの海風が強まるなか、日ごろの練習の成果を発揮すべく、各艇は快走を続けます。午後からは風速が8m/sまでに上がり、体力、体重に優る外国人チームが上り角度、スピードともに伸ばしていきます。

海外チームの追い上げの中、B1の日本代表の「makamaka」はスタートから安定したセーリングを保ち、潮流や風のシフトを熟知した地元での開催という地の利も生かして、4レースを1-1-2-5位でまとめ、初日を見事トップで終えました。

5月27日(月)は10時30分に第5レースを皮切りに3レース以上を予定、さらなる接戦が予想されます。
(*IFDS=The International Association for Disabled Sailing)

大会サイト
http://2013blindworldsyc.com/cn37/pg255.html

初日のスタート

初日のスタート

 

会場となったシーボニアに掲げられた大会バナー

会場となったシーボニアに掲げられた大会バナー

5月
13
TBC 2013 第3戦 第1レース、第2レースリザルト
Read more…

5月
10
ブラインド世界選手権に参加する日本チームの選手たち

ブラインド世界選手権に参加する日本チームの選手たち

 

視覚障害者と晴眼者のセーラーが集う「2013IFDSブラインドセーリング世界選手権大会」が、5月24日~6月1日、シーボニアマリーナ(神奈川県三浦市)を拠点に、日本で初めて開催されます。

5月9日に東京で記者会見が開催され、大会の概要などが発表されました。
会見では大会役員の挨拶などに加えて日本チーム監督の秋山淳氏による日本チームのプロフィール等が紹介されました。

ブラインドセーリングは、ニュージーランドのセーラーによって1980年代後半に始まり、第1回の世界選手権大会が1992年ニュージーランドで開催、その後3、4年ごとに行われています。日本は、1997年のイギリス大会以降、毎回参加しており、今回は第8回大会となります。

日本からは、昨年の全日本ブラインドセーリング選手権大会の上位3チームが出場権を獲得。加えて日本視覚障害者セーリング協会承認の3チームが追加となり、計6チームが参加します。

一方、海外からはアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスから合計13チームのエントリーがあり、総勢で6カ国19チームの大会となります。

なお、現在、本大会の実行委員会では、レースの運営費を捻出するために寄付を募っています。

個人の寄付は1万円から受け付けています。寄付をされた方には、大会Tシャツとステッカーが提供され、名前が硬式プログラムに掲載されます。企業・団体の場合は、一口5万円です。

寄付の方法などの詳細は下記をご覧ください。
http://www.jbsa.jp/archives/954

2013 IFDSブラインドセーリング世界選手権 公式サイト
http://2013blindworldsyc.com/

認定NPO法人 日本視覚障害者セーリング協会
http://www.jbsa.jp/

シ-ボニアヨットクラブ
http://www.seabornia.org/

 

3月
21
昨年の全日本選手権でワールド参加を決めた3チーム(写真/大平玲子)

昨年の全日本でワールド参加を決めた3チーム(写真/大平玲子)

 

視覚障害者と晴眼者のセーラーが集う「2013 IFDSブラインドセーリング世界選手権」(主催:シーボニアヨットクラブ)が、5月24日~6月1日、シーボニアマリーナ(神奈川県三浦市)を拠点に、日本で初めて開催されます。

2月末の情報では、 6カ国19チームがエントリーをしています。その顔触れは下記のとおり。

●アメリカ
・マサチューセッツ(B1、B3)
・テキサス(B3)
●カナダ (B1、B2、B3)
●ニュージーランド(B1、B2、B3)
●イギリス (B1、B2、B3)
●オーストラリア(B1)
●日本 (B1、B2、B3   各2チーム)
(B1(全盲)、B2(光覚手動)、B3(弱視))

日本からは昨年の全日本選手権の各クラス優勝の3チーム(makamaka、kiki、Pineapple Princess)に加えて主催国枠の3チーム(うみまる、アルバトロス、エオリア)の6チームが参加します。

なお、現在、本大会の実行委員会では、レースの運営費を捻出するために寄付を募っています。

個人の寄付は1万円から受け付けています。寄付をされた方には、大会Tシャツとステッカーが提供され、名前が硬式プログラムに掲載されます。企業・団体の場合は、一口5万円です。

寄付の方法などの詳細は下記をご覧ください。
http://www.jbsa.jp/archives/954

 

昨年の全本選手権の1シーン(写真/大平玲子)

昨年の全本選手権の1シーン(写真/大平玲子)

切り抜き IFDS-MARK_Last_2_HQ_ol

大会サイト
http://2013blindworldsyc.com/

認定NPO法人 日本視覚障害者セーリング協会
http://www.jbsa.jp/

シ-ボニアヨットクラブ
http://www.seabornia.org/