Archive

レース情報

9月
19

Photo by Rolex / Kurt Arrigo

9月17日まで米国RI州ニューポートで行なわれたいたインビテーショナルカップ(ニューヨークヨットクラブ主催)で、JSAFチームは6位となった。

16カ国・地域から22チームが参加して行なわれた同レースは、主催者が海外チームを招待し、それを迎える米国勢は国内予選で選抜し行なわれた。

優勝はカナダから参加したロイヤルカナディアン・ヨットクラブチーム。日本のJSAFチームは植松眞JSAF副会長がスキッパーとなり、大倉俊ヘルムスマンの下に総勢11人で参加した。

大会サイト
http://www.invitationalcup.org/

9月
15

JSAFチーム(Photo by Dan Nerney、nerney1@cox.net)

16カ国・地域から22チームが参加するインビテーショナルカップ(ニューヨークヨットクラブ=NYYC主催)で日本のJSAFチームは6レースを終えた時点で暫定5位につけています。

JSAFチームは植松眞JSAF副会長がスキッパーとなり、大倉俊ヘルムスマンの下に総勢11人で参加。スワン42(主催者提供)を駆って、連日、熱戦を繰り広げています。

レースは9月17日まで行われます。

大会サイト
http://www.invitationalcup.org/

9月
07
第1回東京湾インショア・レガッタ帆走指示書

第1回東京湾インショア・レガッタ帆走指示書


, ,

8月
07

表彰式での子どもたちの踊り

トウキョウズ・カップヨットフェスティバル2011は、レース前の予感が的中し早い展開のレースになって、12時半前にファーストホーム。

その後もどんどん船が入り、今年のBコースは全艇フィニッシュすることができました。

Aコースは途中風がなくなり、もしかしたら3艇だけのフィニッシュで終わってしまうのでは、という状況で心配した時もありましたが、その後、風が出て参加艇の半分は無事フィニッシュし、残りの半分がDNFとリタイアという結果でした。

帰着した船に声をかけると、「今年の風は難しかったけど、とても楽しいレースだったよ♪」と話してくれたり、「風がない時に漂っていた時間が辛かったぁ~、ヘルムスを交代しながら頑張りましたよ♪」と話してくれる艇もありました。

波浮の港では、レースを終えワイワイ盛り上がっている艇、大島の学生さんを乗せて交流を楽しんでる艇、ヘトヘトに疲れてやっと波浮に来れました~っていう感じの艇、それぞれ雰囲気を出しながら18時からの交流会までの時間を過ごしました。

18時になって、大島町との交流会が始まりました。

ヨットレースもいいもんだけど、トウキョウズカップの最大の楽しみはこの交流会。大島町の方々や婦人会の方々、漁協の方々、そして高校生や子どもたちがヨットでやってきた私たちを島の料理や踊りでもてなしてくれます。おまけに、島の焼酎「御神火」やビールに缶チューハイもた~っぷり^0^ たまりませんわぁ♪

放射能汚染のせいか、今年は大島の島牛乳がなかったな……残念。

島の皆さんの出しものをたっぷり堪能した後、19時から表彰式が始まりました。

1時間しかないので毎度駆け足の表彰となりますが、選手の皆様の協力もあり、スムーズに進行します。ランデブー参加で波浮に来てくれた船の方々もこの交流会を楽しみ、表彰式も一緒に盛り上げてくれました。どうも、ありがとう☆

各賞にも地元大島の「椿寿窯」や「椿アンコこけし」などを取り入れており、今年の表彰式は20回目の記念イベントらしくおおいに盛り上がってました。

来年もトウキョウズカップが開催されるといいですね^0^ 大島でまた会いましょう♪(レポートと写真・三浦多満枝)

大会サイト  http://yacht.main.jp/tcup/

表彰式に参加した選手のみなさん

 

BコースファーストホームのBLAU VOGEL

AコースのファーストホームのAOBA

レポートの三浦多満枝(左)と表彰式司会の高野裕子

 

 
 
 

 

 
 
 

 

8月
06

南西の風4mをスタートするBコースの参加艇

トウキョウズ・カップヨットフェスティバル2011が行われた。

Aコースは三崎港沖周辺をスタートし、大島西側通過、大島波浮沖をフィニッシュとする約37マイルのコース。
210度から5~6mの心地良い風が吹く中、7時にスタートが切られた。

上寄りに船が集まり、やや混雑目のラインだがオールクリア。比較的すいている下側から出て行った船がいい感じで走り出した。

各艇は5分ぐらい走り、ポートにタックすると大島へ向けて軽快に滑りだした。
                                             

Bコースは大島岡田港沖スタートし、大島東側を通過、大島波浮沖をフィニッシュとする。

波浮の朝は早く、参加艇は次々に出港していた。レースコミッティーもみんなの後を追いかけるように出港する。

波浮を出ると台風の影響なのだろうか、途中すれ違うレース艇がうねりの中に半分ぐらい消えてしまうほど波が高かった。

でも、天気が良く、風も気持ちがいい。大島を眺め、筆島の前を通過。島には雲の影が写り、まるで大きな緑のキャンパスにゆっくり絵を描いているように見えた。きれいだな~。

10時スタート。リコール艇が2艇。

南西の風4m。少し物足りない感じの風だったけれど、展開が早そうな予感のする海風だった。スタートしてすぐにスピンラン。

青い海、青い空、白い雲、そしてヨット。なんて贅沢な時間なんだろう~(レポートと写真・三浦多満枝)

Bコースはスタートしてすぐにスピンランとなった

8月
05

体験セーリングの子どもたち。ヨットに乗った後でも元気いっぱい船から海にダイビング。海が好きなんだなぁ

夏休みのイベントのひとつとして、東京都大島・三宅島に外洋ヨットが集り、外洋ヨットレースを通じて伊豆大島・三宅島の住民と外洋ヨット愛好者たちの親睦を図り、積極的な地域交流を深めようと企画された「トウキョウズ・カップヨットフェスティバル」、今年も準備は進んでいます。

今年のトウキョウズ・カップは20回目となる記念イベント。織姫と彦星のように私も1年に一度大島にやって来ましたが、みんなの思いはどうなんだろう……

参加者はみんな台風の動きに注目していると思います。

運営陣も刻々と変わる天気予報にくぎづけで、台風の動きがどうなるのか気が気ではありませんでした。

金曜日の朝7時半の東海汽船に乗り、大島へ出発。海が荒れているだろうと思いながら乗船。

東京湾を出たらどんなうねりが来るのかと思ってましたが、意外や意外、波は思ったよりなく、うねりも想像ほどではありませんでした。

大島に到着し、すぐ港内の見回りをしながら数艇に声をかけてみたら、各艇それぞれ情報を仕入れながら航海をしてきたようで、
そんなに状態が悪い中を走ってきた船はないようでしたが、「そこそこでしたよ」って答えてくれた船もあったので、多少は大変な海域があっただろうなぁって感じる雰囲気も醸し出してました。

明日、Aコースは7時に三崎をスタート。そしてBコースは10時に岡田をスタート。

どんなドラマが待っているんだか……ふふふ^0^楽しみです。(レポートと写真・三浦多満枝)

体験乗船のため、1週間前から波浮に待機。今日のイベントを盛り上げてくれた「EVE-1」です

波浮に着いた直後の「Belessa」。トウキョウズ・カップ初代スタッフも今回はレースで参加。ハイテンションでした

「DONA」は川上オーナー自ら船底磨き。クルーはそばで応援してましたが、みごとな泳ぎで船はピカピカになってました

8月
02
第14回 相模湾ヨットフェスティバルレースのご案内
 
2011年8月28日 日曜日
 
 レース公示
 
http://www.jsaf.or.jp/misaki/

 

7月
28
第1回東京湾インショア・レガッタのレース公示および必要書類

 レース公示

 レース公示および必要書類一式
(第1回東京湾インショア・レガッタ公示、第1回東京湾インショア・レガッタ誓約書、第1回東京湾インショアレガッタ参加申込書、第1回東京湾インショアレガッタ乗員リスト、第1回東京湾インショアレガッタ備品チェックリスト)
 

, , ,

7月
10
TBCレース第5戦 第1レース、第2レースリザルト
   
TOKYO BAY CUP 2011 第5回レースリザルト
 

, ,

7月
09
「東京湾インショア・レガッタ」要綱

主 催      (財)日本セーリング連盟加盟団体 外洋東京湾

後 援      (財)日本セーリング連盟特別加盟団体 東京ヨットクラブ スバル興業株式会社
協 力      東京夢の島マリーナ、浦安マリーナ、三崎フィッシャリーナウォーフ 「うらり」
大会日程    2011年10月8日(土)、9日(日)の2日間
開催マリーナ 浦安マリーナを中心として行う。
         大会前後一週間は大会参加艇の係留は無料とする。
参加資格   有効なIRC2011レーティング証書(エンドーストまたはノー、マル)を有する艇。(IRC規則22、4、2は適用しない)
参加費     1艇12,000円
レイトエントリー 1艇20,000円
パーテイ費   1人 2,000円
コース     東京ディズニーシー沖 上下ソーセージコース。
         10月8日(土)インショアレース3本。
         10月9日(日)インショアレース2本。
         BBQ表彰式
申込受付日    8月30日(火)
申込締切日    9月30日(金)
レイトエントリー  10月 4日(火)
賞         各クラス1位~3位まで。
          (各クラス参加艇が5艇未満は1位のみ、10艇未満は1位~2位まで)

問い合わせ 連絡先 「隼スピリットⅡ」斎藤宛

mailto:
携帯 090-4940-4726
 
 

 
 
 

,