Archive

アナウンス

9月
26

「2021 秋の安全週間」 2021 年 10 月 2 日(土)~10 日(日)

8月
25

船舶エンジン、故障事例の検索システム 運輸安全委

運輸安全委員会は、船舶エンジンの不具合や故障事例を検索できるシステムを開発した。委員会が過去にまとめた事故報告書をデータベース化し、事故原因となりやすいエンジンに特化して原因を調べられるようにした。漁業者や海運会社に運航前の点検整備で活用を促し、船舶事故の削減につなげる。

安全委のホームページに「機関故障検索システム(ETSS)」を設けた。エンジン画像や表から「ピストン」「燃料噴射ポンプ」などの項目を選ぶと、過去の故障事例を表示する。総トン数や漁船、貨物船といった運航業態、事故発生日のほか、「衝突」「運航不能」といった事故・故障の種類に応じ対象を絞り込むこともできる。

Screenshot of jtsb.mlit.go.jp

8月
22

【水産庁 「クロマグロを対象とする遊漁者・遊漁船業者の皆様へ」】
《概 要》
・遊漁によるクロマグロの採捕禁止措置

《対象海域》
・日本国全海域

《期 間》
・2021年8月21日~2022年5月31日

《対象魚》
・遊漁(釣り等)による全てのサイズのクロマグロの採捕(キープ)が禁止
・意図せず採捕した場合は直ちに海中にリリースすること
※クロマグロ以外のマグロは対象外

《対象者》
・遊漁者/遊漁船業者

《罰則等》
・ 指導に従わない等の悪質な違反者に対しては、農林水産大臣が指示に従うよう命令(裏付け命令)をし、その命令に従わなかった場合、罰則(1年以下の懲役、50万円以下の罰金等)が適用されます。(漁業法第191条)

7月
07

4月
05

東京 2020オリンピック・パラリンピック競技大会

東京港内海上警備への協力のお願い!

東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会開催にあたり、海上保安庁では、競技会場等周辺海域における海上警備を実施します。
これに伴い、東京港内の一部海域において、『航行自粛海域』及び『停留自粛海域』を設定します。
航行自粛海域内への進入を自粛するとともに、停留自粛海域内では停船したりせず、速やかに航行するようお願いいたします。
なお、航行自粛海域・停留自粛海域付近には、海上保安庁の船舶を配備しており、必要に応じ、安全確認を行わせていただく場合があります。
皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

第三管区海上保安本部

東京港内海上警備への協力のお願い!

4月
02

「2021 春の安全週間」 2021 年 4 月 10 日(土)~18 日(日)