Archive

トピックス

2月
29

J-SAILING93号の表紙(写真・平井淳一 photo by Junichi Hirai)

 

J-SAILING93号が2月25日に発行されました。
そろそろメンバーのみなさんのお手元に届く頃です。

表紙は昨年12月にオーストラリア・パースで開催されたISAFワールドでスター級に参加した日本艇 鈴木國央・和田大地組(和歌山セーリングクラブ・日吉染業)です。惜しくもこのレースでは国枠獲得はならず、5月の世界選手権(フランス・マルセイユ)にて再挑戦し、残り4枠をかけて戦うことになりました。

巻頭はそのISAFワールドに関するJSAFオリンピック特別委員会の山田敏雄委員長のレポートです。

また、「キールボートシリーズ-相模湾2012」と「大学対抗マッチレース」の2つのキールボートレース界の新しい動きについてレポートしています。
さらに、「全日本ミドルボート選手権」「パールレース」「JAPAN CUP」のレース概要、そしてゴールデンウィークに開催される沖縄-東海レースのエントリー艇紹介、タイのキングスカップに優勝したカラスチームのレポートもあります。

環境委員会が主宰する「JSAF海の絵画コンテスト2011」の全作品も掲載しています。

J-SAILINGは年に6回、JSAFメンバーに直接届きます。お届け先はメンバー登録時に記載された住所になりますので、住所の変更などがあった場合は所属の各団体へご連絡ください。なお、変更手続きの際にはメールアドレスを明記いただけますようお願いいたします。手続きの詳細は各加盟団体へお問い合わせください。http://www.jsaf.or.jp/dantai/

 

絵画コンテストの審査風景。17Pをご覧ください

 
 

2月
07

発行・舵社、A5版・上製232ページ、価格2100円。本書の売り上げ印税はJSAFを通じて、東日本大震災地のセーラーに寄付されます。全国の書店で購入可能です。

 

 山崎達光JSAF名誉会長、武村洋一JSAF前事務局長の共著による書籍「海が燃えた日― 究極のヨットレース、アメリカズカップに挑戦したニッポンチーム」が上梓されました。

  タイトルを読めば内容は一目瞭然。過去、3回にわたってアメリカズカップに挑戦したニッポンチャレンジの活動を山崎氏と武村氏が書き留めたものですが、しかしそれだけにはとどまりません。

本書の構成は3章に分かれており、武村氏による第1章「アメリカズカップとニッポンチャレンジ小史」には、簡潔な文章でこの2つの歴史的な流れがまとめられています。ニッポンチャレンジに関しては歴史だけではなく、その成り立ち、戦いの経過、クルーたちの成長の様子、挑戦の意義などがまとめられており、この章だけでアメリカズカップやニッポンチャレンジの概要が手に取るようにわかります。

第2章「ニッポンチャレンジはこう戦った」は、ニッポンチャレンジの立ち上げから3回の挑戦の流れが、山崎氏の「今だから話せる」といったエピソードをまじえて綴られています。あのとき、そんなことがあったんだ、とびっくりさせられる内容の話もあり、興味津々で一気に読んでしまいます。

  そして第3章は「なぜ挑戦しないのか!」。実は本書のキーワードは「挑戦」なのです。1992年、95年、2000年と3度の挑戦を行なったニッポンチャレンジにつづく日本からの挑戦を熱望する著者2人の熱い思いがこの章にあふれています。
本書には河野博文JSAF会長の序文が寄せられており、そこには「(本書は)私には、私たちヨット界の後輩への檄に思える」とありますが、まさに正鵠を射ています。シームレスなセーリングを目指すJSAFの活動の行き着く先のひとつがアメリカズカップ挑戦であれば、そしてそれが常に目標の中にあれば、ベテランセーラーの夢を若いセーラーに継いでもらえることでしょう。

  奇しくも2012年はニッポンチャレンジがアメリカズカップ初挑戦を果たした1992年から数えて20年目にあたります。本書をきっかけに、日本のセーリング界のアメリカズカップ挑戦の意義をもう一度考えてみたいと思います。

1月
01

J-SAILING92号の表紙(photo by Maria Muina)

 

明けましておめでとうございます。
2012年が素晴らしい年でありますように。

さて、J-SAILING92号が12月25日に発行されました。
そろそろメンバーのみなさんのお手元に届く頃です。

表紙はVOLVO世界一周レースの第1レグで1位になった「テレフォニカ」のセーリングシーンです。巻頭のニュースでレースの概要をお伝えしています。

本号では11月に開催された全国安全指導者養成講習会の模様をレポートしています。東日本大震災の際の大津波に関するいくつかの報告は、セーラーにとってどれも貴重な内容です。
是非、お読みください。

また、各種ディンギークラスの全日本の様子をレポート、優勝者・チームの写真も掲載しています。
ISAFとORCの年次総会のレポートでは、世界のセーリング界の動きがわかります。

この他、ウインドサーフィン界の動き、講演会「ヨットのテクノロジー」についても紹介しています。

J-SAILINGは年に6回、JSAFメンバーに直接届きます。お届け先はメンバー登録時に記載された住所になりますので、住所の変更などがあった場合は所属の各団体へご連絡ください。なお、変更手続きの際にはメールアドレスを明記いただけますようお願いいたします。手続きの詳細は各加盟団体へお問い合わせください。http://www.jsaf.or.jp/dantai/

12月
09

応募作品をテーブルに並べ、じっくりと鑑賞する審査の方々

 

JSAF環境キャンペーンの一環として行っている「海の絵画コンテスト2011」に、全国の小中学生から500点近い応募があり、12月8日、3人の審査委員が応募作品を鑑賞しました。

絵画コンテストのテーマは「海のある風景」(浜や港あるいは灯台、ヨットや舟のある景色)で、様々な視点から描かれた海や舟などをモチーフにした作品が集まりました。

これらの作品を、ヨットで世界を旅された柏村勲画伯、マリンイラストレーターの高橋タダミさん、画家の家泉早苗さんに鑑賞していただきました。明るい色彩であふれる鑑賞会の会場で、3人の方々はためつすがめつ作品を眺め、大いに感心され、触発されたようです。その声を一部再録すると、

「低学年の方が海をよく観察しているね」
「イカの足の本数が違うよぉ」
「パンダが船に乗っている。こっちは猫が乗ってる!」
「何を描こうとしたかわからないが、この絵はすごい」
「魚の目がゲームに登場するキャラクターみたい」
「風向と帆の向きが正確に描けている」

なお、これらの作品の中からJSAF会長賞1点、そして小学生低学年、小学生高学年、中学生に分けてそれぞれ金、銀、銅の各賞が授与されることになっています。

その審査結果は後日発表いたしますので、お楽しみにお待ちください。

11月
24

 

2012年版カレンダー表紙(photo by Junichi Hirai)

 

JSAFが作る2012年のオリジナル・カレンダーが完成しました。

サイズは縦600㎜、横450㎜。
表紙を含めて13枚で構成されています。

各月の写真は今年行われたディンギー、クルーザーのさまざまなレースからピックアップ。
メンバーのみなさんが参加されたレースもあるかもしれません。

裏面には各月の潮汐表が掲載されています。
JSAFのメンバーしか購入できないカレンダーです。

価格、購入方法などは下記にアクセスして、ご確認ください。(JSAF事業開発委員会)

http://www.jsaf.or.jp/honbu/news/2011/document/news-08.pdf

11月
18

2011年、いろいろあった1年でした。
セーラーの皆様におかれても、感慨深い1年だったことでしょう。

さて、今年も関東外洋4団体が協力して、下記のように忘年会を開催いたします。 永年表彰、本年度関東水域で活躍した仲間の表彰を予定しています。また本年度のKTS(関東トラディッションシリーズ)表彰も行ないます。

さらに、昨年好評でした参加者持ち寄りのプレゼント交換も行ないたいと思います。
来年のツキを占うのもいいかもしれませんね。

皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
開催日:2011年12月7日(水)
受付開始:18時30分
開宴:19時
会場:京橋 『ラグナヴェール東京 本館13F モダンスィート』
中央区京橋2-5-18 京橋創生館13階
http://tokyo.lagunaveil.com/acces
会費:7,000円
ドレスコード:男性はジャケット着用
クリスマスプレゼントをお持ちください。(お気持ちのこもった物なら何でも結構です)

お申し込みは11月29日(火)までに以下の事務局 へ!
外洋三崎:misaki-office@jsaf.or.jp / FAX:050-3737-2919外洋三崎:
外洋三浦:IZP03765@nifty.com
外洋湘南:sorc@jsaf.or.jp
外洋東京湾:tokyowan@yacht.jp
(※)なるべく艇単位でお申し込みください。
幹事:東京湾・山本、三崎・中里、三浦・長谷川、湘南・作田