Archive

トピックス

10月
26

J-SAILING91号の表紙(撮影/高橋弘喜)

J-SAILING91号が10月25日に発行されました。
そろそろメンバーのみなさんのお手元に届く頃です。

本号の巻頭は、山口県が天皇杯、皇后杯を獲得した第66回国体レポートです。

表紙は夏に行われたインターハイから、選手の表情を切り撮りました。
大震災の影響で秋田県由利本荘市に会場を変更して行われたインターハイですが、高校生たちの活気が蘇ったようです。

また、ジャパンカップ、NYYCインビテーショナルカップ、全日本学生女子ヨット選手権、全日本学生ヨット個人選手権、相模湾ヨットフェスティバルなどレースレポートのほか、カタマランが採用されたアメリカズカップの事前情報も掲載しています。

この他、ウインドサーフィン界の動き、3年をかけた斉藤実さんの世界一周に関する情報などを紹介しています。

J-SAILINGは年に6回、JSAFメンバーに直接届きます。お届け先はメンバー登録時に記載された住所になりますので、住所の変更などがあった場合は所属の各団体へご連絡ください。なお、変更手続きの際にはメールアドレスを明記いただけますようお願いいたします。手続きの詳細は各加盟団体へお問い合わせください。 http://www.jsaf.or.jp/dantai/

アメリカズカップ・ワールドシリーズからの1シーン(photo by 2011ACEA/Ricardo Pinto。18Pに掲載しています)

 

インターハイ会場のさわやかな空と海(撮影/高橋弘喜。レポートは10Pに掲載))

 

国体優勝の山口県勢(写真/濱谷幸江。詳細は5Pに掲載)

 

ジャパンカップのスタートシーン(撮影/鈴木教之。14Pに詳細を掲載)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月
18

接岸直後の斉藤実さん

9月17日、世界一周の旅から斉藤実さんが帰ってきました。

当初の予定(10カ月)を大きく上回る36カ月の長い旅の最後を見守ろうと、横浜港には報道陣や応援の仲間、家族等が集まり、多くの人に見守られながら無事上陸。

今回、斉藤さんは「ヨットシングルハンドによる世界一周最多記録 8回」、「ヨットによる地球の自転に反する西回り世界一周 世界最高年齢記録」とに2つのワールドレコードを樹立。

すでに持っている「単独無寄港で世界一周した世界最高齢人物」とあわせると3つの世界記録保持者となりました。

上陸直後に行われた記者会見では横浜市から表彰され、市長代理から楯が送られました。

しかし、今回の航海は今までの中で一番過酷な航海だったらしく、「こんな大変なのは今まで初めて」と斉藤さん。

しかし斉藤さん、すでに次なるチャレンジを計画中で、77歳にしてまだまだ現役続行を宣言。「次は80歳に出港したい、常にチャレンジ有るのみ」と強く語りました。(レポートと写真/濱谷幸江)

斉藤さんと酒呑童子

 

 

9月
01

J-SAILING90号の表紙(撮影/濱谷幸江)

J-SAILING90号が完成しました。
そろそろメンバーのみなさんのお手元に届いている頃です。

本号の巻頭では、東日本大震災の被災セーラーの支援活動の3つの動きをレポートしています。

表紙は11回目を迎えた体験試乗会「エンジョイセーリングデイ」から1シーンを切りとりました。

その他、第52回パールレースレポート、子どもたちにセーリングテクニックばかりではなく海で生きる力を伝える「ジュニアセーリング・シーマンシップアカデミー」の名古屋会場の様子、80艇を集めた第3回スバルザカップチャリティーヨットレース、そしてちょっと珍しいオランダの12ftディンギーのレースの様子などもお伝えしています。

また、日本がロンドン・パラリンピックの出場権を獲得した世界障害者セーリング大会の模様も掲載しています。

好評をいただいている水域紹介シリーズは、愛媛県セーリング連盟理事長の黒川重男さん、岡本治さんのご協力をいただき、同連盟のセーリングスポットを紹介していただいています。

この他、ウインドサーフィン界の動き、2011年JSAFナショナルチームの選手一覧などを紹介しています。

J-SAILINGは年に6回、JSAFメンバーに直接届きます。お届け先はメンバー登録時に記載された住所になりますので、住所の変更などがあった場合は所属の各団体へご連絡ください。なお、変更手続きの際にはメールアドレスを明記いただけますようお願いいたします。

手続きの詳細は各加盟団体へお問い合わせください。http://www.jsaf.or.jp/dantai/

パールレースのラインオナー「マンデイナイト」のフィニッシュ直後(撮影・濱谷幸江。6Pに掲載しています)

ジュニアセーラーを教えようと自らOPディンギーに乗り込んだ関一人さん。楽しそうですね。レポートは8Pに掲載

オランダの12ftディンギーのレースは牧場の牛を横目に走ります。詳細は20Pを

6月
27

J-SAILING89号表紙(撮影/鈴木教之)

 

J-SAILING89号が完成しました。
そろそろメンバーのみなさんのお手元に届く頃です。

本号の巻頭では、東日本大震災の被災状況、そして各地で起こっているセーリング仲間たちの復興支援の様子を特集しています。
表紙は、「掲揚キャンペーン」フラッグを手に支援を呼びかける外洋レース艇〈エスメラルダ〉です。
メンバーの皆様の引き続きのご協力をお願いいたします。

好評をいただいている水域紹介シリーズは、石川県ヨット連盟理事長の本吉謙三さんと有志の方々にご協力をいただき、同連盟のセーリングスポットを紹介していただいています。

この他、大島レース、ウインドサーフィン界の動き、2016年五輪に470級男女種目の存続が決まった背景などを紹介しています。

J-SAILINGは年に6回、JSAFメンバーに直接届きます。お届け先はメンバー登録時に記載された住所になりますので、住所の変更などがあった場合は所属の各団体へご連絡ください。なお、変更手続きの際にはメールアドレスを明記いただけますようお願いいたします。手続きの詳細は各加盟団体へお問い合わせください。http://www.jsaf.or.jp/dantai/

復興支援レースのリビエラ相模湾チャリティレースに集まった参加者たち(10Pに掲載しています。撮影/鈴木教之)

水域紹介シリーズに掲載された石川県の金沢工業大学穴水自然学苑の美しい風景(16Pに掲載しています)

大島レースのレポートはP25です(写真提供/大島レース実行委員会)

6月
22

東北セーリング連盟HPのトップページ

 

 

日頃より、東北の被災地3県に対する絶大な支援をいただきありがとうございます。

6月18日のJSAF評議員会で、河野博文JSAF会長から東北セーリング連盟の棚橋会長へ義捐金を頂戴いたしました。
JSAFメンバーの皆様に心から感謝申し上げます。

このたび、東北セーリング連盟のホームページが完成しました。
 
http://tohokusaf.web.fc2.com/
 
「東北セーリング連盟」で検索していただいてもOKですが、アップしたばかりですので、検索に時間がかかるかもしれません。上記のURLからご覧いただければ幸いです。
 
今後、徐々に情報を増やしていきますので、よろしくお願い致します。

東北セーリング連盟は、東北6県の各連盟、階層別団体、艇種別協会の各代表から構成される組織です。

1995年に再発足した東北ヨット協会を東北セーリング連盟に改称したものですが、その前身は1938年9月に東北帝国大学により松島で設立された東北ヨット協会にまでさかのぼります。

5月14日、東日本大震災の復興に向けた会議が河野JSAF会長を迎え、盛岡市で開催されました。この会議には外洋のメンバーも参加し、東北オールセイルズとして復興を果たそうと熱い議論が交わされました。

これからも「東北はひとつ」、「強い東北」、「元気な東北」を合言葉に頑張って参ります。(東北セーリング連盟 事務局)

6月
12

 

エンジンの使用の条項の新設
   最新のルールブック(RRS2009-2012)から規則42.3(h)が新設され「帆走指示書で規定された状況において、艇がそのレースで明らかに有利にならない場合には、エンジンまたは他の方法で推進することを許可することができる。」が明記されました。
   もちろんヨットレースは風と水のみを用いて競技せねばならないので、レース中はエンジンを使ってはいけないことになっています。エンジンを搭載しているレース艇は、スタート海面まで機走して来ても、予告信号までにはエンジンを切ることが必要です。
   しかし、海外では過去からファストネットレースやシドニー・ホバートレース、世界一周レースなど本格的な外洋レースで、一度避難してから再度レースを続行できる規定とともに緊急時や荒天時のエンジンの使用が帆走指示書などで認められてきました。旧NORC時代の外洋レース規則でもエンジンの使用が規定されていました。
   ただし、過去のIYRRやRRSでは、推進方法でエンジンの使用が可能と解釈できる条項がなく、エンジンの使用を記載している帆走指示書自体がルール違反ではないかと見る向きもありました。とくに推進方法についてレース中に海上で厳しくペナルティを課すようになってきたので、レース中のエンジンの使用などもってのほかと思われる方も多かったと思います。

 

エンジンの使用の規定方法
   たとえば長距離の外洋レースでは天候の悪化に遭遇したり、細かい操船が不可能な大型船が迫って来ているのに、風が弱かったり潮が強くて大型船を避けられない事態に陥る可能性があります。外洋でなくても大型船が次々と行きかう海域を横切らなければならないレースもあります。
   このようなことが想定されるレースでは、新設された規則42.3(h)を活用して、帆走指示書でエンジンの使用を規定して、危険を回避することが危機管理上重要です。ではどのように規定すればよいのでしょうか?
    最新の外洋レース規則2009(2009とありますが、作成が2009年ということで、次の外洋レース規則改定まで有効です)を適用規則にすると、その第3条で「エンジンの使用」が規定されているので、帆走指示書内で記載しなくても緊急時のエンジンの使用が認められます。
   外洋レース規則2009を適用規則にしない場合は帆走指示書で記載することが必要ですが、その際、外洋レース規則2009第3条(下記)はRRS規則42.3(h)を踏まえた記述内容になっており、帆走指示書の記載内容の参考になります。

「外洋レース規則2009 第3条 エンジンの使用」
『落水者救助、遭難艇(船舶)救助、他の船舶との衝突回避(緊急避難)、離礁その他の緊急かつ切迫した事態に対処するためにエンジンを使用することができる。(RRS42.3(h)参照)
但し、エンジンを使用した場合には、その状況(使用した目的・時間・場所等)について、フィニッシュ後レース委員会に速やかに報告しなければならない。』

 

レース艇がレース中にエンジンを使う場合には
   レース中、緊急事態や荒天対応でエンジンを使う場合、緊急避難に必要な最低限の時間、方向、距離で使うのが基本です。次のマークやフィニッシュに対して明らかに有利な方向に使ってはいけません。そして、必ずレース委員会にその内容を報告することが必要です。なお、レース委員会は不適切なエンジンの使用方法だと考えたら、抗議をすることができます。
    本格的な外洋レースや船舶が行きかう海域でのレースでは、万が一の事態でも安全なレースができるように、是非、帆走指示書で規則42.3(h)を適用してエンジンの使用を規定してください。(大村雅一 JSAFルール委員会副委員長)